logo

デジタルアーツ、持ち出しPC向けのインターネットセキュリティ対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デジタルアーツ(道具登志夫社長)は8月24日、企業・官公庁における持ち出しPC向けインターネットセキュリティ対策「i-FILTER EndPoint Controller」を9月24日に発売すると発表した。

 「i-FILTER EndPoint Controller」は、企業・官公庁向けWebフィルタリングソフト「i-FILTER」をすでに導入しているユーザーを対象とした製品で、「i- FILTER」で設定した基本的なWebフィルタリングポリシーを自動的に引き継ぎ、社員がノートPCを持ち出した際にも、定められたWebアクセスポリシーを適用することができる。

 また、持ち出し時のWebアクセスログを記録して、「i-FILTER」本体の管理と連携するなど、PC持ち出し時に起こりうるインターネットの不正利用を抑止する。さらに、使用を認めていないアプリケーションの起動を監視・防止することも可能なため、パソコンを利用する場所を問わず、常に均一なセキュリティレベルの維持が可能となる。

 税別価格は、100人規模の企業・団体の場合で30万円から(保守料を含む)。同社では、今後3年間で3万ライセンスの販売を目指す。

デジタルアーツ=http://www.daj.jp/
「i-FILTER」=http://www.daj.jp/bs/if7/

-PR-企画特集