logo

mixiが正式サービスに 「mixiアプリ」公開でベータ版を卒業

鳴海淳義(編集部)2009年08月24日 14時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2004年3月に開始したソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「mixi」がついに正式版となった。8月24日に新サービス「mixiアプリ」を公開したのに伴い、サイトをリニューアル。mixiのロゴからベータ表記が取れた。

  • 以前のmixiロゴ

  • ロゴからベータが取れた

 mixiアプリは、mixiの友人関係を利用したアプリケーションを外部パートナーが開発し、mixi内で公開できるようにしたもの。ユーザーが許諾すれば、プロフィールやマイミクシィ関連情報などを利用したアプリケーションも提供できる。

090824_mixi4.jpgmixiアプリ

 アプリを開発する企業または個人はトラフィック量に応じた広告収入を得られる。10月からはmixiの課金システムを使ってユーザーに課金できるようになる予定だ。mixiアプリを中心とした経済圏が生まれ、アプリケーションプロバイダーとミクシィ双方の新たな収益源になることも期待されている。

090824_mixi2.jpgプロフィール写真下のメニューからアプリを管理したり、更新情報を確認したりできる。

 現在、mixiアプリはPC版のmixiでのみ利用できる。サイトにアプリ関連の更新情報を追加するなどデザインが変更された。9月下旬にはmixiの携帯電話向けサービス「mixiモバイル」でもmixiアプリを利用できるようになる。

-PR-企画特集