アップルの巨大データセンター建設--クラウド市場参入への布石か

文:Jason Hiner(TechRepublic) 翻訳校正:編集部2009年08月21日 12時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 われわれは、GoogleやMicrosoft、Amazonがデータセンターの建設に夢中になっていることをすでに耳にしている。3社は一様にそのことについて秘密主義を貫こうとしているが、これはテクノロジ業界で最も長続きしなかった秘密の1つである。しかし、それは彼らにとって至極当然のことなのだ。彼らの手の内は、広く知れ渡っている。彼らが今後10年間にわたって、ウェブベースのサービスに大規模な投資を行う計画であることは、皆が知っている。

 一方で、Appleがノースカロライナ州メイデンで、MicrosoftやGoogle、Amazonが建設中の巨大建造物をも凌ぐ新データセンターの建設に着工しようとしているとの報道は、控えめに言っても、度肝を抜くものである。Appleの新データセンターについてわれわれが知っていることを確認し、それに関するAppleの計画について考えてみよう。

 Leander Kahney氏は自身のCult of the Macブログに、Appleのノースカロライナ州での壮大な計画について、Data Center KnowledgeのRich Miller氏にインタビューした記事を掲載している。これまでに分かっていることは、以下の通りだ。

  • 場所:ノースカロライナ州西部、シャーロットの北西40マイルに位置するメイデンの町
  • 面積:約200エーカーの敷地に50万平方フィート
  • 目的:表向きは、Appleの東海岸のITハブとしての役目を担う。西海岸ではカリフォルニア州ニューアークにハブ(10万9000平方フィート)がある。
  • 着工時期:8月中旬にブルドーザで着工予定
  • コスト:10年間で10億ドル
  • 従業員数:50人の常勤従業員
  • 帯域:デュアルファイバ線
  • 電気代:Duke Energyとの契約で1キロワット時当たり4〜5セント(カリフォルニア州では、1キロワット時当たり7〜12セント)
  • ほかの候補地:バージニア州は、税制優遇措置と電気代でノースカロライナ州との競争入札に敗れた。

Miller氏は次のように述べた。

 「初期の敷地図によると、Appleは約50万平方フィートのデータセンターを1棟建設する計画のようだ。そうなった場合、それは世界最大級のデータセンターの1つになるだろう。比較対象を挙げておくと、カリフォルニア州ニューアークにあるAppleの既存のデータセンターは、10万平方フィートより少し広い程度である。新しい1棟型の企業データセンターの多くは、10〜20万平方フィートだ。従って、Appleの新データセンターは、超巨大なデータセンターと言っていいだろう」

 この規模に匹敵するのは、Microsoftがシカゴに建設した新しいデータセンター、Phoenix ONEデータセンター、ラスベガスにあるSuperNAPデータセンターくらいのものだ。これら3つのデータセンターは、データセンターとしての用途向けに40万平方フィートを若干上回るスペースを確保している。

 さらに、Miller氏は「大きなデータセンターを建てる企業は、クラウドに対する大きな野望も抱いていることが多い」と付け加えた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加