グーグル、「Linux」向け64ビット「Chrome」の開発に着手

文:Stephen Shankland(CNET News) 翻訳校正:編集部2009年08月21日 12時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleが、「Linux」向けの64ビット版「Google Chrome」の開発に着手した。Linux愛用者らは歓喜の渦に包まれることだろう。

 ChromeのエンジニアであるDean McNamee氏は米国時間8月20日、メーリングリストのメッセージにおいて、「V8チームは今四半期の間に、正常動作する64ビット移植版の構築という素晴らしい作業を成し遂げた。『Chromium』側に少し変更を加え、この数週間で64ビットのChromium Linuxを構築した」と述べた。

 「V8」とは、ウェブ上で一般的に使用されるJavaScriptで記述されたプログラムを実行するためのChromeのエンジンである。Chromiumとは、Googleが支援する同社ブランドのブラウザであるChromeの背景にあるオープンソースプロジェクトであり、McNamee氏は、プログラマらに対し64ビットChromiumを構築するための手順を説明している。

 今日、多くのPCに、IntelやAdvanced Micro Devices(AMD)製の64ビットプロセッサが搭載されているが、デスクトップコンピューティングの分野では、32ビットのOSとソフトウェアが一般的である。64ビットソフトウェアへの移行は、特にLinuxと「Mac OS X」において着々と進行しているが、容易な作業ではない。例えばブラウザの世界では、Adobe Systemsの「Flash」、Microsoftの「Silverlight」、Sun Microsystemsの「Java」などの32ビットプラグインとともに64ビットブラウザを稼働すると問題が生じる可能性がある。

 64ビット版においては、プログラムはより大容量のメモリを利用することができ、プロセッサ上のレジスタと呼ばれるストレージ空間の増加によって性能を向上させることができ、一部の大規模算術演算の実行を高速化することができる。しかしプラグインとの互換性がないなどの問題に加えて、64ビットソフトウェアは、さらなるディスク空間を消費し、プログラマによるテストやサポート作業を複雑にし、しかも、それに見合うだけの高速化が得られない場合が多いため、64ビットへの移行の優先度は必ずしも高くない。

 例えばMac OS Xは、すでに64ビットへの移行をほぼ完了しているが、64ビット版「Safari」は、まもなく発売予定のMac OS X 10.6(Snow Leopard)まで登場しない。ちなみにAppleは、64ビット版のSafariではJavaScriptの実行がさらに高速になると述べている。

 しかし、人数は少ないものの、高度な技術を理解し、プログラミングを愛するLinux愛用者らは、64ビットソフトウェアを歓迎するだろう。Linux向けの64ビット版「Flash Player」をリリースするようにAdobeに強く求めていた彼らは、今度は、64ビットブラウザを強く要求している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加