logo

工人舎、約700gのシステム手帳サイズPC「SKシリーズ」と11.6型液晶搭載「EXシリーズ」

坂本純子(編集部)2009年08月20日 21時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 工人舎は8月20日、タッチパネル機能付の11.6型ワイド液晶を搭載したノートPC「KOHJINSHA EXシリーズ」と約700gと軽いシステム手帳サイズの「SKシリーズ」の追加モデルを発表した。

 いずれも同日より受注を開始し、8月下旬より販売を開始する。

  • 11.6型ワイド液晶を搭載したノートPC「KOHJINSHA EXシリーズ」

 KOHJINSHA EXシリーズは、ディスプレイにフルワイドXGA対応の11.6型ワイド液晶を装備しているのが特徴だ。重さは約1.7kg。タッチパネル機能を備えており、ディスプレイを反転させて、タブレットPCとして利用できる。

 CPUはインテルAtom N270を採用し、1Gバイトのメモリ、160GバイトのHDDを搭載した。光学ドライブ、指紋センサをなど多彩なデバイスを備える。価格は6万9800円。

  • 約700gとより軽くなったシステム手帳サイズの「SKシリーズ」

 SKシリーズは、システム手帳サイズでモバイルユースに特化したPCだ。タッチパネル機能付の7型ワイド液晶を搭載しているほか、LCDの背面に300万画素オートフォーカス対応高精細カメラと、LCD前面に30万画素のカメラを装備する。6月に発表したSKシリーズは約720gで、今回のモデルは約700gとさらに軽量化されている。価格は4万9800円。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]