logo

マイスペースCEO、ソーシャル音楽サービスのiLike買収を正式に認める

文:Caroline McCarthy(CNET News) 翻訳校正:緒方亮、長谷睦2009年08月20日 09時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 News Corp.傘下にあるMySpaceの最高経営責任者(CEO)、Owen Van Natta氏は米国時間8月19日の電話会見で、17日になって報じられていたiLike買収について「契約を結んだ」ことを認めた。

 iLikeの共同創設者は同社にとどまり、シアトルにある本社もそのまま残ることになっており、iLikeのサービスは短期的には「買収の影響を受けない」という。

 電話会見でVan Natta氏は、今回の買収は大手音楽レーベルとの共同事業である「MySpace Music」部門のためというよりは、企業としてのMySpaceのために行ったものだと説明し、その理由として、同社がその技術をゲームやさらには映画など、音楽以外のエンターテインメント分野に拡大させる予定である点を挙げた。同氏はiLikeが構築した「発見」技術を取り上げ、MySpaceの既存サービスの一部に組み入れていく計画だと示唆した。

 買収契約の条件は明らかにされなかったが、広告収入で音楽をストリーミングするiLikeのモデルは投資者が期待したしていた利益をあげられておらず、総額で2000万ドル前後と、かなり低い買収価格になったのではないかと報道されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。原文へ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]