logo

ソフトバンクモバイル、ハローキティモデルのデジタルフォトフレームを8月21日に発売

松田真理(マイカ)2009年08月19日 17時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクモバイルは、携帯電話から送った写真を表示するHuawei製デジタルフォトフレームのハローキティモデル「PhotoVision SoftBank HW001 KT」を8月21日に販売開始する。

 PhotoVision HW001 KTのディスプレイは約7.0インチの液晶。ソフトバンクモバイルもしくはディズニー・モバイルの携帯電話からメールで専用アドレスに写真を送ると、PhotoVision HW001 KT上で写真が自動再生される。なお、携帯電話からPhotoVisionに送信したメールの通信料金については、10月以降ホワイトプラン、ゴールドプランのメール無料対象外となる。

 カラーはビビッドピンク1色。ハローキティの壁紙画像の入ったSDカードを同梱する。市場想定価格は新スーパーボーナス契約時で2万8320円。

 PhotoVision HW001には専用のUSIMカードが内蔵されており、月額980円の専用定額料金プラン「フォトビジョンライトプラン」が用意されている。なお、2010年1月12日までに申し込み、2年契約した場合は月額料金490円で利用できる。

ハローキティモデルの「PhotoVision SoftBank HW001 KT」 ハローキティモデルの「PhotoVision SoftBank HW001 KT」

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]