logo

Linux版Silverlightの「Moonlight」、バージョン2.0のベータ版が公開

文:Ina Fried(CNET News) 翻訳校正:佐藤卓、小林理子2009年08月18日 09時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Moonlight」は、Microsoftの「Silverlight」アプリケーションをLinuxコンピュータ上で実行できるようにするソフトウェアだが、開発者であるMiguel de Icaza氏が米国時間8月17日、このソフトウェアの更新版の公開ベータテストを開始する準備が整ったと発表した。

 de Icaza氏は自身のブログへの投稿で、「Moonlight 2.0」のベータ版をgomono.comのウェブサイトから入手できるようにしたと語っている。

 Moonlight 2.0は「Silverlight 2.0」向けに作られたサイトとの互換性を確保することを目的としているが、「Silverlight 3.0」のメディアパイプラインを始めとするいくつかの機能も組み込んでいると、de Icaza氏は語っている。MicrosoftがSilverlight 3.0をリリースしたのは7月のことだ。

 今回のベータ版は、ソースコードとしても利用できるし、Mozillaの「Firefox」向けプラグインとしても利用可能だ。

 Moonlightの取り組みは2007年から開始され、最初のバージョン「1.0」は、ベータ版が2008年に出たのち、2009年2月に正式版が公開されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。原文へ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]