logo

次期版「Office for Mac」、2010年末までに発売へ--「Outlook」を搭載

文:Ina Fried(CNET News) 翻訳校正:編集部2009年08月14日 10時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE Microsoftは米国時間8月13日、次期版「Office for Mac」が2010年のホリデーシーズンまでにリリースする計画であることを発表した。新版には「Outlook」が加わることになる。

 「Outlook for Mac」は、現在Mac向けOfficeスイートの電子メールおよびカレンダープログラム「Entourage」に取って代わることになる。依然としてWindows版Outlookと同等というわけではないが、パブリックフォルダや権利管理機能など、より多くの「Exchange」機能をサポートしている。

 Office for Macは、Mac OS X以前の時期にOutlookを搭載していたことがあるが、Microsoftは「Office v. X for Mac」でEntourageプログラムに切り替えた。

 Microsoftはこの数年間、EntourageでのExchange対応を改善しようと取り組んできていた。

 Appleもまた、同社電子メールプログラムでのExchangeサポートに取り組んでおり、同社の次期OSである「Snow Leopard」の「Mail」ではExhangeへの対応が改善されると述べている。MicrosoftのMacintoshビジネス部門でゼネラルマネージャーを務めるEric Wilfrid氏は電話会議で、Exchangeに対するサポートに関していえば、Outlook for MacとSnow Leopardは、Appleがまだ新OSをリリースしていないし、Exchangeサポートがどのように機能するのか詳しく述べていないため、比べようがないと話した。

 Wilfrid氏はまた、Microsoftが「iPhone」向けにOfficeのモバイル版に取り組んでいる可能性があるといううわさについて何も話すことはないと述べた。

 「誰もが気にしている質問であるが、iPhoneのいかなる取り組みについても本日発表はない」(Wilfrid氏)

 Microsoftは12日、Symbian搭載携帯電話向けにOfficeアプリケーションのモバイル版を開発することでNokiaと提携を発表した。

 Microsoftはまた、次期版Office for Macで再び「Visual Basic」のサポートを加える計画だが、同機能についてはこれ以上明らかにしなかった。さらに、同社はOffice for Mac製品で、SharePointやExchange Serverとの連携が強化された「ビジネスエディション」を新しくローンチする予定であると述べた。

 ビジネスエディションは、既存のHome and Studentエディションに加え9月15日から発売の予定。Microsoftまた、同日からOffice for Macの製品ラインアップをこれまでの3つから2つに削減する。新しいビジネスエディションはスタンダードエディションと同様、399ドルで販売される予定である。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]