logo

URL短縮サービスの「tr.im」、閉鎖から一転再開--買い手見つかるまで無期限で運営継続

文:Josh Lowensohn(CNET News) 翻訳校正:編集部2009年08月12日 12時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 URL短縮サービスの「tr.im」が復活し、既存のtr.imリンク、ユーザーによる新しいtr.imリンクの作成を可能にする中核機能の両方について、サービスの提供を再開する。今回の計画変更について詳述した同社のブログ投稿によると、同社は信頼できる買い手が見つかるまでの間、「無期限に」tr.imの運営を続けるという。

 tr.imは、先週後半に同サービスのすべての短縮リンクが数時間にわたって機能しなくなるなど、さまざまな問題に見舞われ始めていた。そして、tr.imは先週末、12月末をもってサービスの提供を終了し、それに伴って同サービスの短縮リンクはすべて利用できなくなると発表した。

 tr.imは米国時間8月11日の発表で、いったんは閉鎖を発表して、後に再開に至ったこの動きは宣伝目的の行為ではないこと、そして、同サービスがURLを処理する方法を決して変更しないことを繰り返し述べた。つまり、ユーザーに待ち時間やソースリンクにたどり着くために広告のクリックを強いるインターステイシャル広告、フレームバーなどを追加しないということだ。そうしたオプションは、収益をもたらす可能性がある。しかし、それはtr.imの創設理念そのものに反する、と同社は述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]