logo

シャープ、Blu-ray内蔵「AQUOS DX」に新機種--インターネット対応に

加納恵(編集部)2009年08月07日 16時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは8月7日、Blu-ray Discレコーダーを内蔵した液晶テレビ「AQUOS DX」シリーズに、新製品を発表した。「フルハイビジョン7倍録り」やインターネット対応へと進化している。9月10日に発売する。価格はオープン。

 Blu-ray内蔵AQUOSの第2弾として登場したのは「AQUOS LC-52DX2/46DX2/40DX2/32DX2/26DX2」。26型から52型までの5サイズ展開となる。40型以上のモデルには1920×1080ドットのフルハイビジョンパネルを採用。40型、32型、26型にはブラック、ホワイト、レッドと3色のボディカラーを揃えた。

 Blu-ray Discドライブは、ディスクを挿入するだけで再生を開始する「一発再生」、EPGから番組を選ぶで録画予約ができる「一発予約」などのオールインワンならではの使い勝手を継承した。加えて、約7倍の長時間フルハイビジョン録画に対応し、2層のBlu-ray Discであれば、最長約30時間のフルハイビジョン録画ができるという。

 本体にはインターネット機能も内蔵しており、AQUOS専用サービス「AQUOS.jp」「Yahoo! JAPAN for AQUOS」「DoTV デジ×マガ」「Yahoo! JAPAN for AQUOS 動画チャンネル」に対応。加えて「アクトビラ ビデオ・フル」の視聴をサポートしたほか、「ひかりTV」は対応チューナーなしで視聴できるとのこと。

 店頭想定価格は下記のとおり。

  • LC-52DX2(52型、店頭想定価格:48万円前後)
  • LC-46DX2(46型、店頭想定価格:38万円前後)
  • LC-40DX2(40型、店頭想定価格:28万円前後)
  • LC-32DX2(32型、店頭想定価格:19万円前後)
  • LC-26DX(26型、店頭想定価格:17万円前後)
「AQUOS DX2」シリーズ 「AQUOS DX2」シリーズ

-PR-企画特集