logo

米新政権サイバースペース担当ディレクター有力候補、辞任--WSJ報道

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Wall Street Journal(WSJ)の米国時間8月3日付け報道によると、ホワイトハウスの国家安全保障会議および国土安全保障会議のサイバースペース担当ディレクター代理を務めるMelissa Hathaway氏がWSJに対し、個人的な理由で辞任したことを明らかにしたという。Hathaway氏は同ポストを常任で務める有力候補と一時見なされていた。

-PR-企画特集