logo

キヤノンITとNECソフト、情報漏えい対策ソフトで他社からの乗り換え優待版

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キヤノンITソリューションズ(武井尭社長)とNECソフト(古道義成社長)は8月4日、情報漏えいのセキュリティ管理ソフト「WEBGUARDIAN Version 3.4」の新タイトルとして、他社製品からの乗り換え版の2製品用意し、8月7日に発売すると発表した。通常価格よりも安価に購入できるタイトルを用意することで、他社類似製品ユーザーの取り込みを狙う。

 「WEBGUARDIAN Version 3.4」は、URLフィルタリングによるウェブサイトのアクセス先制限と、ウェブメールやメッセンジャーなどのコンテンツのフィルタリング、アーカイブ機能を備えたセキュリティ管理ソフト。

 新タイトルは、UTM(統合脅威管理)を含む他社のウェブフィルタリング製品を利用中のユーザー向けで、通常価格よりも価格を抑えた製品。「WEBGUARDIAN Version 3.4」の新規購入者であることと、他社製品を利用している証明として、他社ライセンス証書のコピーを提出することを購入の条件とした。

 ラインアップは企業向けの「WEBGUARDIAN Version 3.4 一般向け乗り換えライセンス」と、教育機関および官公庁・自治体向けの「同アカデミック・ガバメント向け乗り換えライセンス」の2種類。それぞれの1年間ライセンス価格(25ユーザーの場合)は、「WEBGUARDIAN Version 3.4 一般向け乗り換えライセンス」が7万5000円(新規通常価格は15万円)は、「同アカデミック・ガバメント向け乗り換えライセンス」が5万2500円(同10万5000円)。

キヤノンITソリューションズ=http://www.canon-its.co.jp/
NECソフト=http://www.necsoft.com/

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]