logo

グーグル、米主要4都市で「Google Apps」をアピール--自動車通勤者をターゲットに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Googleは米国時間8月3日から1カ月間、ウェブサービスの「Google Apps」を従来のオフィス生産性ソフトウェアに取って代わるものとして、主要4都市の屋外広告を利用し自動車通勤者向けに宣伝する。主要4都市は、ニューヨーク、ボストン、シカゴ、サンフランシスコ。

-PR-企画特集