logo

米陸軍、モハベ砂漠での巨大太陽光発電プロジェクトを明らかに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米陸軍は米国時間7月31日、カリフォルニア州のモハベ砂漠にあるフォート・アーウィン基地で、太陽光発電パネルおよび太陽集光器を利用して500メガワットの発電を行うという、国防総省では最大となる太陽光発電計画を明らかにした。施工業者に選ばれたClark Energy Groupによると、この設備の設置は段階的に行われる予定であるという。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]