logo

ロジクール、ミッドレンジおよびエントリー向けのウェブカメラ5機種9製品を発売

エースラッシュ2009年07月31日 19時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロジクールは7月31日、新テレビ電話ソフトウェア「Logicool Vid」を採用したミッドレンジおよびエントリー向けのウェブカメラ5機種9製品を、同日より順次発売すると発表した。

 発売されるウェブカメラは、200万画素の「C600」、130万画素の「C500」と「C300」、30万画素の「C250」と「C200」という5機種だ。C200を除く機種にはヘッドセット付きモデル「C600h」「C500h」「C300h」「C250h」が用意されており、合計で9製品のラインアップとなる。

 共通の特徴としては、同時発表されたテレビ電話ソフトウェア「Logicool Vid」を搭載していること。これはセットアップ作業を飛躍的に簡素化し、シンプルで直感的な操作を可能としたもので、パソコン初心者でも安心して使うことができるという。

 C600は、200万画素のセンサーとガラスレンズを採用し、最大200万画素(1600×1200ドット)の動画、16対9のワイドスクリーンによるHD品質の動画、ソフトウェア処理による800万画素の静止画キャプチャを実現。逆光や暗めの部屋などでも「RightLight 2テクノロジー」により明るさを最適化し、高画質でテレビ電話やビデオ撮影をする。

 C500は、130万画素のセンサーとガラスレンズを採用したモデル。静止画ではソフトウェア処理により最大500万画素の高品質画像ファイルを保存できるほか、RightLightテクノロジーや「ビデオエフェクト」にも対応している。同じく130万画素のC300はプラスチックレンズを採用したモデルで、RightLightテクノロジーには非対応だがビデオエフェクトは利用できる。

 C250およびC200は、30万画素のセンサー搭載ながら、ソフトウェア処理により最大130万画素の静止画キャプチャが可能なモデル。C250についてはビデオエフェクトにも対応している。

 なお、発売日はC300とC300hが8月7日で、その他の製品は同日から発売。同社直販サイトの価格はCC600が7980円、C600hが8980円、C500が4480円、C500hが4980円、C300が3480円、C300hが3980円、C250が2480円、C250hが2980円、C200が1980円となっている。

「C600」「C500」「C300」「C250」「C200」 左から、「C600」「C500」「C300」「C250」「C200」

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]