logo

大リーグMLB.tvとMLB.com、試合中に「Twitter」からのコメント投稿が可能に

文:Josh Lowensohn(CNET News) 翻訳校正:編集部2009年07月31日 12時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Major League Baseball(MLB)が、MLB.tvMLB.comの2つのMLBオンラインサイトで、「Twitter」を活用し始めている。ファンは自分の意見を述べることもできるし、「内部関係者」の140文字で伝える情報を読むこともできる。この情報は、各チームの公式Twitterアカウントやファンブログから、つぶやき(tweet)として送信される。

 ユーザーは入力フォームから直接新しいメッセージを投稿できるほか、ハッシュタグを使って自分のtweetをストリームに乗せることもできる。これらのtweetは、試合中の出来事と並んで表示され、ストリーミングラジオフィードに対する代替的な解説としての役割を果たす。これはとても素晴らしいアプローチである。なぜなら、ユーザーはMLBのリアルタイム試合速報サイトに滞在する必要がないからだ。その代わりに、この機能は、ほかの場所で試合を観戦したり、実況を聴いたりしているユーザーのコメントを利用することができる。

 ただし、MLBのTwitterボックスにとどまることに決めたユーザーには、便利なオプションがたくさん用意されている。気に入ったコメントを残したユーザーと友達になったり、ショートカットボタンを使って友達のtweetに素早くretweetしたりできるようにするTwitterのAPIを利用することが可能で、ストリームは絶え間なく更新される。

 ただし、MLBに是非やってもらいたいことが1つある。それは、MLBのサイトから送信されるretweetをフィルタで除外することだ。メッセージがほかのユーザーによって既に投稿されたものである場合、ほかのユーザーがそれを取り上げるたびに、同じメッセージを何度も見せられる羽目になる。フィルターを設置することで、こうした無駄な情報をある程度減らせるはずだ。また、どのチームを話題にしているかによって、tweetを色分けできるようになると素晴らしい。これが実現されると、ストリームの分析がはるかに容易になるだろう。

Picture 提供:CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]