logo

IDC Japan、2009年の国内IT市場予測を下方修正--前年比5.6%縮小へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IDC Japanは7月30日、2009年の国内IT市場規模予測を前年比5.6%減に下方修正した。

 この予測は、2009年第1四半期(1月〜3月)の実績、ユーザー調査(5月実施)および6月時点の景気動向などに基づくもの。3月の予測では前年比3.8%減としていたが、今回、5.6%減の11兆9365億円と予測した。

 今回の大幅な下方修正は、景気悪化の影響を受けづらかったITサービス市場の規模が、経済危機に伴って縮小する見通しとなったことが主な要因だという。2009年は、IT市場を構成する3つの市場(ITサービス市場、パッケージソフトウェア市場、ハードウェア市場)のすべてが縮小する。2010年以降はITサービス市場、パッケージソフトウェア市場が成長に転じ、IT市場全体も成長路線に戻るとみている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]