logo

ニコン、デジタル一眼レフカメラ「ニコン D3000」および「ニコン D300S」を発売

エースラッシュ2009年07月30日 15時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニコンイメージングジャパンは7月30日、ニコンDXフォーマットデジタル一眼レフカメラのエントリーモデル「ニコン D3000」およびDXフォーマットの最上位機種「ニコン D300S」を、8月28日より発売すると発表した。

 D3000は、デジタル一眼レフカメラで初となる「ガイドモード」を搭載したエントリーモデルだ。ガイドモードは、夜景をバックにした人物撮影や背景をぼかして撮るなど初心者に難しいシーンでも、液晶の説明に従って操作するだけで基本操作から各種設定までが簡単に行えるというもの。操作性と携帯性に優れた小型・軽量ボディーには、有効画素数1020万画素のCCDや3.0型液晶を搭載。11点フォーカスポイント採用のAFシステム、シチュエーションに応じて設定を最適化するシーン認識システムのほか、遠景写真の被写体が模型を接写したかのように加工できる新機能「ミニチュア効果」などの画像編集機能も採用している。

 D300Sは、2007年11月に発売された「D300」の性能や機能を継承・強化した最上位機種だ。有効画素数は1230万画素で、秒間約7コマの高速連続撮影機能、高密度51ポイントAFシステム、視野率約100%、約0.94倍の高倍率ファインダーなどを搭載。外部ステレオマイク対応の動画撮影機能「Dムービー」、CFカードとSDメモリーカードが同時にセットできるダブルスロットも新採用されている。

 さらに今回は、11.1倍の超高倍率ズームレンズにズームロックスイッチを搭載した「AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR II」と、「D3」シリーズおよび「D700」のニコンFXフォーマットカメラに最適な望遠ズームレンズ「AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II」、ニコンEDGフィールドスコープ用デジタル一眼レフカメラアタッチメント「FSA-L2」も発売される。

 店頭想定価格はD3000の本体が5万4800円で、AF-S DX NIKKOR 18-55mm f3.5-5.6G VR付属の「レンズキット」が6万9800円、これにAF-S DX VR Zoom NIKKOR ED 55-200mm f4-5.6G(IF)が付属する「ダブルズームキット」が9万9800円。一方のD300Sは本体が21万8000円、AF-S DX NIKKOR 16-85mm f3.5-5.6G ED VR付属の「AF-S DX 16-85G VR レンズキット」が30万6000円、AF-S DX NIKKOR 18-200mm f3.5-5.6G ED VR IIが付属する「AF-S DX 18-200G VR IIレンズキット」が31万6000円となっている。

 なお、レンズ単品の発売日と希望小売価格は、AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR IIが9月4日で10万5000円、AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR IIが11月で30万円、フィールドスコープ用アタッチメントのFSA-L2については8月28日で8万9000円になる見込みだ。

「ニコン D3000」(左)、「ニコン D300S」(右) 「ニコン D3000」(左)、「ニコン D300S」(右)

-PR-企画特集