logo

AT&T四半期決算--iPhoneが貢献するも減収減益

文:Marguerite Reardon(CNET News) 翻訳校正:編集部2009年07月24日 11時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AppleのiPhoneの販売がAT&Tの第2四半期(4-6月期)の収益に大きく貢献したものの、AT&Tの売上高と利益は前年同期に比べ依然減少している。

 AT&Tは米国時間7月23日、第2四半期に240万台を超えるiPhoneがアクティベートされたと発表した。AT&Tにとって、これらの3分の1以上は新規顧客であった。AT&Tの第2四半期の加入者の純増数は、月極め契約の加入者120万人を含む140万人であった。

 Reutersによると、アナリストの予測では、AT&Tの新規加入者の増加は約108万人であった。

 Appleラインナップの最新世代のiPhoneである新しい「iPhone 3GS」は6月に販売が開始された。先日、Appleは最初の1週間で100万台以上のiPhoneを販売したと発表した。

 iPhoneの貢献にもかかわらず、AT&Tの利益は前年同期比で落ち込んでいる。

 AT&Tの発表によると、利益は32億ドルで、前年同期の37億7000万ドルを下回った。

 また、売上高は308億7000万ドルから307億3000万ドルに減少した。Reutersによると、アナリストの売上高予測は約306億4000万ドルであった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]