logo

世界のインターネット人口、2013年には22億人に--Forrester Research予測

文:Larry Dignan(ZDNet.com) 翻訳校正:編集部2009年07月22日 11時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Forrester Researchは米国時間7月21日、インターネット人口は2013年には22億人に達すると予測した。この22億人のうち、43%はアジアが占めるようになる。

 Forresterは調査報告書で、新興市場ではインターネットが成長し、発展途上国世界では停滞している状況を描き出した。

主な調査結果は次の通り。

  • 中国はオンライン人口の17%を占めるようになる。
  • 米国と西欧、そのほかの先進工業国における成長率は、1〜3%になる。
  • 現在73%である米国のインターネット普及率は、2013年には82%まで拡大する。これにより、米国の普及率は、ほかのインターネット先進国と同等の水準になる。
  • ロシアとトルコは、年間成長率8%で成長していく。
  • アフリカと中東は急速な成長を続け、2013年にはオンライン人口の13%を占めるまでになる。

 報告書は地域ごとに動向を分析しているが、以下の画像では、2013年の全体的な概要が示されている。

Picture1 ※クリックすると図が拡大されます
提供:

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]