logo

RSS広告社、バナー広告枠にコンテンツ配信できる「FeeMoバナー」をバージョンアップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 RSS広告社は7月21日、広告枠を利用したコンテンツ配信プラットフォーム「FeeMoバナー」のバージョンアップを発表した。

 FeeMoバナーは、広告主の最新コンテンツをバナー広告枠内に表示、更新させるサービス。今回、新機能として、「エクセル入稿機能」を追加。RSSフィードを配信していないメディアであっても、所定のエクセルシートに記事の内容を記載するだけで、FeeMoバナーへの原稿入稿が可能となった。

 また、「記事別のクリッカウント機能」を追加。FeeMoバナー内に存在する複数の記事について、1記事ごとにクリック数をカウントすることが可能となり、配信した広告メニューの中で、どのコンテンツのクリックが多かったか確認できるようになった。

-PR-企画特集