logo

アンラボ、米国や韓国Webサイト狙ったDDoS攻撃対策、駆除ツールを無償提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アンラボは、韓国や米国の政府関連ウェブサイトを狙ったDDoS攻撃が発生していることを受け、DDoS攻撃を行う悪性コードの駆除ツールを開発、無償提供を開始した。

 韓国と米国を中心に多くのウェブサイトをダウンさせた悪性コードは、「Mydoom」の亜種や、悪性コードをダウンロードさせるダウンローダ「Downloader.374651」など。これらの悪性コードがインストールされたPCは「ゾンビPC」となって、一斉に特定のウェブサイトを攻撃(DDos攻撃)する。

 悪性コードのうち、「msiexec1.exe」というファイルは、ハードディスクドライブを損傷させてデータを破壊するなど、個人のPCにも致命的な損傷を与える可能性があることから、日本の個人および企業・団体に悪性コードの駆除ツールの無償提供に至った。

 なお、アンラボのセキュリティソフト「AhnLab MySaaS」「同 V3 ウイルスブロック2009 Platinum 20thAnniversary」「同 V3 ウイルスブロック2009 20th Anniversary」「同 V3 VirusBlock Internet Security 7.0 Platinum Enterprise」「AhnLab V3 VirusBlock Internet Security 7.0 Enterprise」などの「V3」シリーズのユーザーは、最新バージョンで悪性コードの検出・駆除が可能という。

アンラボ=http://www.ahnlab.co.jp/
悪性コード駆除ツール

-PR-企画特集