logo

トランスウエア、大量メール一斉配信はBccに自動変換、情報流出対策の新版

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トランスウエア(松田賢代表取締役)は、メール誤送信防止ソフトの最新版で、宛先を強制的にBccに変換できる機能などを付加した新版「Active! gate 1.1」を発売した。

 「Active! gate」は、メールの誤送信による情報漏えいを未然に防ぐソフト。新版では、「Bcc強制変換機能」を新搭載した。宛先に大量のメールアドレスを設定した際、強制的に「Bcc」に自動変換する。一斉配信する際に発生しがちな、「To」や「Cc」にメールアドレスを設定することによるメールアドレスの流出を防止できる。

 設定したサイズ以上の添付ファイルを、自動的にZIP暗号化したり、ウェブダウンロードに変換する機能を搭載した。税別価格は、スタンダードライセンス(企業向け)が50ユーザーで27万円から、アカデミックライセンス(文教向け)が同18万円から。

トランスウエア=http://www.transware.co.jp/
「Active! gate」=http://transware.co.jp/product/ag/

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]