[ウェブサービスレビュー]10分だけの使い捨てメールアドレスが取得できる!「10 Minute Mail」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Devon Hillard @ DigitalSanctuary
内容:「10 Minute Mail」は、サイトにアクセスすると10分間だけ利用可能なメールアドレスを発行してくれるウェブサービスだ。素性の分からないウェブサービスやメールマガジンへの登録など、アイデア次第で便利に活用できる。

 「10 Minute Mail」は、10分間だけ利用可能なフリーのメールアドレスを発行してくれるウェブサービスだ。サイトにアクセスするだけで任意の英数字を組み合わせた使い捨てのメールアドレス、いわゆる「捨てアド」が発行され、自由に(ただし10分だけ)利用することができる。

 インターネット上で何らかのサービスに登録する場合、メールアドレスによる認証を求められるケースが多い。信頼のおけるサービスであればまだしも、素性の知れない運営元にメールアドレスを開示することに抵抗がある人は少なくないだろう。また、売買目的でメールアドレスを収集しようとする悪意ある業者が、何らかのサービスへの登録を偽ってフォームを設置している例もないわけではない。

 このような場合に本サービスを利用すれば、自分自身のメールアドレスを開示しなくとも、サービスへの登録および試用が可能になる。もちろんサービス提供側を欺くような使い方は好ましくないが、スパム防止の観点からメールアドレス認証専用のフリーアドレスを別途用意している人も少なくないのが実態だろう。このような場合において、本サービスを自衛手段のひとつとして知っておいて損はないと言える。

 競合サービスと比べた場合のメリットとして、長文メールの受信が可能なことが挙げられる。試用してみた限りでは、1万文字を超えるメールも問題なく受信できた。競合のサービスでは文字数制限や行数制限がある中、メールマガジンなどの長文メールもまるごと受信できるのはありがたい。また、10分で足りない場合は画面上のボタンをクリックするだけでさらに10分間延長ができるので、途中で時間切れとなることもない。

 本サービス自体がスパム目的で悪用されるのを防ぐためか、メールの新規作成はできないようになっている。メール本文に含まれるURLについても自動的にリンクは張られず、通常のテキストで表示されるという徹底ぶりだ。また、添付ファイルも無視されるので、ファイル転送のような用途には利用できない。

 広告が少なく画面がスッキリとしていることもあり、シンプルイズベストで好感が持てる本サービス。残念なのは、発行されるメールアドレスに好みの文字列を指定できないこと、また返信および転送機能を利用すると文字コードの関係で文字化けしてしまうことだ。基本的には、ワンタイムのメールをブラウザ上で読むだけという用途になりそうだ。

  • もともとは海外のサービスだが最近になって日本語化された。トップページにアクセスした段階でメールアドレスが発行される。下段には残り時間も表示される

  • 下段の受信トレイには受け取ったメールの一覧が表示されており、クリックすることで本文を表示できる

  • 本文は1万文字を超える長文でも問題なく表示できる。添付ファイルは無視される

  • 受け取ったメールへの返信を書くこともできるが、文字コードの関係で文字化けしてしまう

  • 本サービスからの返信として受け取ったメール。タイトルおよび本文の2バイト文字が化けてしまうため実用的ではない

  • 10分経過するとメールアドレスは無効になる。延長したければ時間切れ前にトップページに戻って「もう10分延長」のリンクをクリックする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加