logo

国内ケータイ出荷実績、11カ月連続前年割れも「1月で底をうった」

松田真理(マイカ)2009年07月09日 20時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)は、5月度の携帯電話およびPHS国内出荷実績を発表した。国内出荷台数は268万7000台で、前年同月比23.2%減と11カ月連続で前年割れとなった。JEITAでは「依然として、国内景気後退の影響を強く受けていると思われるが、前月比で39.2%増と拡大傾向にあり、前年比のマイナス幅も1月を底に縮小している」とコメントしている。

 携帯電話は260万5000台で、前年同月比22.3%減とやはり11カ月連続の前年割れを記録した。ワンセグ対応製品は221万6000台で同2.0%増と5カ月ぶりにプラスになっている。ワンセグ搭載率は85.1%となり、携帯電話の標準機能になっている。

 PHSの出荷台数は8万2000台で、前年同月比45.3%減となった。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]