logo

米国内の子どものインターネット利用、急速に増加中--ニールセン・オンライン調査

文:Lance Whitney(Special to CNET News) 翻訳校正:湯木進悟2009年07月09日 07時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Nielsen Onlineが、米国時間7月6日に発表した調査リポートによれば、米国内の2〜11歳の子どもたちがインターネット利用に費やした時間は、5年前と比較して、63%増加したという。2〜11歳の年齢層の子どもたちが、2009年5月にインターネットを利用した時間は、平均11時間に上ったのに対して、2004年5月は7時間だった。

 米国内のインターネットユーザー数は、過去5年の間で、全体で10%の増加だったにもかかわらず、2〜11歳のインターネットユーザー数は、合計で1600万人に達し、18%の増加となった。同年齢層のインターネットユーザーは、現在、オンラインコミュニティー全体の9.5%を占めている。

子どものオンライン人口

 Nielsenは、米国勢調査局が出している予測データとして、2004〜2010年にかけて、14歳未満の子どもたちの人口は、1%の減少が見込まれるとの実態に言及し、こうした状況にもかかわらず、子どもたちのインターネット利用が急増している点に着目している。

 なお、男女間で、一様に調査結果の違いも見られている。2009年5月中に、2〜11歳の男児がインターネットを利用した時間は、同年代の女児よりも7%長かったのに対して、女児の閲覧ウェブページ数は、男児と比較して、9%多かった。

子どものオンライン利用

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

-PR-企画特集