logo

Piaggio、初のハイブリッドスクーター「MP3 Hybrid」を発表

文:Martin LaMonica(CNET News) 翻訳校正:編集部2009年07月08日 12時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 さまざまな種類のスクーターを製造するイタリアのPiaggioは現地時間7月7日、同社の3輪スクーター「MP3」のハイブリッド版を発表した。同社によると、「MP3 Hybrid」は初めてのハイブリッドスクーターだという。

 Piaggioによれば、MP3 Hybridは燃費を改善し、CO2排出量を50%削減するという。さらに、ほかの大気汚染物質を削減する効果も期待されている。欧州のいくつかの都市では、汚染物質が原因で、一部の地域からスクーターなどの乗り物を締め出すことを余儀なくされている。

MP3 Hybrid 提供:Piaggio

 Wall Street Journalに記事によると、人気の「Vespa」ブランドを販売するPiaggioは、欧州で8月に約1万2500ドルでMP3 Hybridを発売する予定で、米国でも2010年までには発売する計画だという。

 ガソリン式のMP3スクーターは、米国では7100〜9000ドルで販売されており、MP3 Hybridの値段はこれよりも高い。しかし、Piaggioはハイブリッドの動力伝達機構に投資しており、同技術をほかのモデルに拡大することも視野に入れている。他社では、トヨタが「Prius」で動力伝達機構のハイブリッド化を実現している。

 MP3 Hybridは、通常のハイブリッドカーと同様に、ガソリンエンジンとリチウムイオン電池に蓄えられたエネルギーを利用することで、燃料効率を最適化している。車体の減速時やブレーキ時には、バッテリが充電される。

 ドライバーは、短距離走行の場合には完全電気モードを選択することが可能だ。ガソリンタンクと充電池の残量はダッシュボードで確認できるようになっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]