logo

マザーズが逆行高--売買代金は前営業日比2.3倍の317億円に - (page 2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 また、ネット株やモバイルコンテンツ株も人気。高成長イメージの強いセクターであり、6日は東証1部上場のドワンゴやディー・エヌ・エー(DeNA)、カカクコムなども大幅高していた。中でDeNAは3日、中国最大のモバイルソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「天下網」を展開するWAPTXの増資を引き受け、子会社化すると発表していた。

 個別で材料の出た銘柄の上昇にけん引され、物色人気が波及した格好だが、大幅上昇の明確な材料はない。ただ、市場では「手掛かりがないことが材料」との声が。東証1部市場の主力株が方向感を欠き、加えて国内では政局も含めて先行きに不透明感が強まっている。大型株を手掛けづらい状況だからこそ、値動きを求める資金が消去法的にネット株や新興市場に流入したというのだ。

 新興市場は熱しやすく冷めやすいマーケット。これまでは過熱感を帯びることなく、ジリジリと静かに上昇してきた。ここにきての急上昇を受け、一部では継続性への懸念も浮上している。7月7日以降も人気を継続できるか、注目されるところだ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]