logo

グーグル、「Google Apps」で機能強化--グローバルアドレスリスト機能の追加など

文:David Meyer(ZDNet.co.uk) 翻訳校正:編集部2009年07月06日 13時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleが、同社の企業向けアプリケーションスイートにグローバルアドレスリスト機能を追加するとともに、利用企業が社内でテンプレートを共有できるようにした。

 Googleは米国時間7月1日、「Premier Edition of Google Apps」への機能強化を発表した。グローバルアドレスリスト機能が、ユーザープロファイル用APIの公開という形で追加された。

 ソフトウェアエンジニアのValerie Blechar氏は、Google Enterpriseブログへの投稿で、ユーザープロファイルAPIを、Googleが2008年12月に公開した共有連絡先APIと組み合わせれば、IT管理者は「最新かつ詳細なグローバルアドレスリストを『Google Apps』で保持できるようになる」と書いた。

 Google Apps全体の連絡先インターフェースにも変更が加えられ、社員はグローバルアドレスリストを通して同僚を見つけられるようになった。これまでは、例えば、個々のユーザーが追加したり、過去に電子メールを送信したりした連絡先のみが、「Gmail」に表示されていた。

 ドキュメントやプレゼンテーション、フォーム、スプレッドシートのテンプレートは、これまでも広い範囲では共有することが可能だった。しかし、Googleは1日、Google AppsのPremier Editionおよび「Education Edition」のユーザーを対象に、組織内でそうしたテンプレートを共有できる機能を追加した。これにより、共有範囲を組織のドメイン内に限定することができる。

 テンプレートを組織内で共有するように設定すると、内部の人間はそのテンプレートのプレビューや使用、評価などを行えるようになる。

 Microsoftなどからの顧客の奪取を狙うGoogleは、ここ数カ月、頻繁にGoogle Appsのアップデートを実施している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]