logo

グーグル、モバイル検索結果ページの最適化を38カ国に拡大

文:Jessica Dolcourt(Special to CNET News) 翻訳校正:編集部2009年07月02日 12時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2008年12月に、Googleが「iPhone」および「Android」における検索結果を改善した様子を紹介した。この変更によりページのロードが速くなり、Google.com(と、Android向けGoogleウィジェット、「Safari」向け検索ボックス)による検索の結果が画面の幅に収まるようになった。

 Googleは米国時間7月1日、この最適化された検索結果のサポートを拡大し、その対象は38カ国語と60以上の国における主要な携帯電話端末(特にスマートフォンやPDA以外の携帯電話)にまで増えた。検索結果の改良を目的とする同プロジェクトは、約20カ国におけるiPhoneとAndroidを含む、2009年3月の取り組みから始まっている。その後、米国と日本の携帯電話が対象として追加された。

 最適化された検索結果ページは、デスクトップ上で見かける検索結果として表示されるものと非常によく似ている。このリストページには、関連画像、ブログ、ビデオ、ニュース、製品エントリが表示される。その典型的な例としては、地域の天気情報を示す画像、Googleマップのサムネイル、映画上映時間が挙げられる。

 現在サポートされている言語は、英語(米国と英国)、スペイン語、日本語、ポーランド語、フランス語、オランダ語、韓国語、トルコ語、イタリア語、繁体字中国語、簡体字中国語、ポルトガル語(ブラジルとポルトガル)、タイ語、ドイツ語、ロシア語、タガログ語、スウェーデン語、ベトナム語、ブルガリア語、スロベニア語、フィンランド語、インドネシア語、クロアチア語、カタルーニャ語、デンマーク語、チェコ語、リトアニア語、ラトビア語、ギリシャ語、スロバキア語、ウクライナ語、ルーマニア語、ノルウェー語、セルビア語、ヒンディー語など。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]