ジェイマジック、画像解析技術で屋外広告を「誰が、いつ、何人見たか」測定する新サービス

新澤公介(編集部)2009年06月24日 20時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジェイマジックは6月24日、商業施設などに設置したデジタルサイネージや交通広告(OOH)の効果を測定する「SAYL 2 サイネージ/OOH 1日視聴属性調査」を販売すると発表した。同日より販売を開始している。

 今回のサービスでは、主に商業施設や駅などに設置したデジタルサイネージや大型OOH、ポスターなどを対象に、一日の視聴者数や属性を調査する。調査では、人間が写った画像の中から自動で性別や年齢、笑顔を判別できる、同社の画像認識プラットフォーム「SAYL 2」を採用している。

 これにより、視聴者の性別や年齢層、人数に加え、視聴時間や視聴時間帯などのデータを取得できるという。また、視聴者全体の男女比や、5つに分類した年齢層(0〜9歳、10〜19歳、20〜39歳、40〜59歳、60歳以上)などの調査結果が出せるとしている。

 調査期間は24時間で、機材はカメラ1台。料金は上記データを最終的にCSVファイルで納品するパッケージが26万2500円(基本料金)となっている。また、オプションとして別途、通行量調査や解析レポート作成、コンサルティング、デジタルサイネージのコンテンツ作成などを追加できるという。同社では、これまで数百万円かかっていた調査を安価に提供すると共に、より効果的な広告掲載を提案していくとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加