logo

工人舎、システム手帳サイズの小型軽量モバイルノートPC「SKシリーズ」を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 工人舎は6月23日、タッチパネル機能付の7型ワイド液晶とGPSを内蔵し、約720gのモバイルノートPC「SKシリーズ」を発表した。

 さくらや、上新電機、ソフマップ、ビックカメラ、ベスト電器、ヨドバシカメラの主要店および、工人舎ウェブサイトにおいて、同日より受注を、6月26日より販売を開始する。価格は6万9800円となる。

 なお、初回限定500台に対し、本体を取り付けられるアタッチメント付属の専用システム手帳が付いてくる「発売記念キャンペーン」を展開するという。通常、専用システム手帳はオプションで価格は6800円となる。

 SKシリーズは、工人舎のノートPCの中でモバイルユースに特化し、7型ワイド液晶を搭載した「SCシリーズ」の後継シリーズにあたる。高さ約21.6〜30mm×幅約193mm×奥行き約132mmと、A5サイズだったSCシリーズをさらに小型化し、システム手帳サイズを実現した。

 質量は約720gと、SCシリーズより約100g軽量化した。CPUには低消費電力型のインテル Atom Z520を採用し、OSにはMicrosoft Windows XP Home Edition SP3を搭載した。持ち運びのストレスを軽減し、外出先のさまざまなシーンで活用できるノートPCに仕上げたという。

 コンパクトな筐体には、LCD背面にオートフォーカス対応300万画素高解像度カメラ、LCD前面に30万画素のカメラを装備。液晶右側面にシャッターボタンを配置し、タブレット状態で少しスライドするとデジカメのように画面を確認しながら撮影できる。また対面だけでなく、旅行先での風景など自分が見ている景色を相手と共有しながらビデオチャットできるなど、2つのカメラをその場の状況にあわせて切り替えられる。

 さらに、ワンセグやGPSも搭載した。ワンセグ対応テレビチューナーは、録画や字幕放送、データ放送にも対応。GPS機能は、ナビゲーションソフトウェアとして、GrandMap PC Navi for KOHJINSHAをプリインストールしており、自身の位置情報の確認に加えて、ウォークナビやサイクルナビ、カーナビとして使用することが可能だ。

 液晶ディスプレイの標準解像度は1024×600ドットで、ホットキー操作により1024×768ドットの擬似表示も可能という。タッチパネル機能を搭載し、ディスプレイを180度回転したリバーススタイルでは、スペースに制限がある場所や屋外でブラウジングやファイルの確認が簡単に行えるなど、直感的な操作を可能にした。その一方で、タッチタイピングも可能なキーボードを搭載している。

「SKシリーズ」 「SKシリーズ」

-PR-企画特集