イー・モバイル、受信最大21Mbpsデータ通信サービス対応端末「D31HW」を発売へ

坂本純子(編集部)2009年06月19日 15時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 イー・モバイルは6月18日、受信最大21Mbpsデータ通信サービス対応のデータスティック端末「D31HW」(Huawei製)の販売を、8月上旬より販売すると発表した。

  • 「D31HW」(Huawei製)

 D31HWの初期費用は、ベーシックが4万1980円、新にねん1万7980円。

 受信最大21Mbpsデータ通信サービスは、3.5世代の「HSPA+」を採用したもの。最大受信通信速度は21.6Mbpsで、最大送信通信速度は5.8Mbpsとなっている。モバイルのブロードバンドながらも、ADSL/光マンション並みの速度を実現できるのが特長だ。

 同社の実験サンプルによれば、横浜ポルタ地下で15.2Mbps、東京駅の地下で測定時平均値14.8Mbps、新宿東口アルタ前で12.7Mbps、秋葉原ヨドバシAkiba前で11Mbpsだったという。

 また、発表会場でもデモを行った。発表会場では数人の記者がイー・モバイルを使用しており、帯域をフルに使える状態ではなかったが、最大受信速度は19.134Mbpsを記録。平均で18.571Mbpsだった。また、記者発表会前に測定した時は、最大受信速度20Mbpsを超えていたという。

  • 記者発表会前に測定した結果

  • 記者発表時のデモ結果

  • USBの接続部分は、スライド式

 サービスは、東名阪および全国の主要政令指定都市から提供し、12月末までに全国人口カバー率60%以上のエリアで提供する。地下鉄や地下街も首都圏を皮切りに21メガ化していくとしている。

D31HW D31HW
  • このエントリーをはてなブックマークに追加