ディアイティ、無線LAN環境の脆弱性を調査するセキュリティ診断サービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ディアイティ(下村正洋社長)は6月18日、無線LAN環境の脆弱性を調査する「無線LANセキュリティ診断サービス」を7月1日に開始すると発表した。税別価格は18万円から。

 「無線LANセキュリティ診断サービス」は、無線LANの安全かつ安定した運用のために、無線LANのエキスパートがユーザーの無線LAN環境を調査・分析し、実態と脆弱性に関するわかりやすいレポートを提供するサービス。

 管理外の無線LAN機器の存在やその設置場所の特定、外来波の影響、自社無線の到達範囲、暗号化強度など、現在の無線LAN環境とそれを取り巻く外的要素を実測したデータをもとにレポートを作成。これにより、ユーザーは自社の無線LAN環境の脆弱性を客観的に評価することができる。

 また、第3者であるエキスパートが実施する診断サービスを利用することで、無線LANの初期導入費用と技術者への負担を軽減できるとともに、より的確、客観的な分析を定期的に実施することが可能となる。

ディアイティ=http://www.dit.co.jp/
「無線LANセキュリティ診断サービス」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加