logo

タムロン、開放F値2を実現した大口径・等倍マクロレンズのキヤノン用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 タムロンは6月16日、キヤノン用の大口径マクロレンズ「SP AF 60mm F2 Di II LD [IF] Macro 1:1(Model G005)」を6月25日に発売すると発表した。価格は7万4550円。ニコン用(AFモーター内蔵レンズ)、ソニー用も順次発売する予定。

  APS-Cサイズの撮像素子に特化したマクロレンズで、同クラスのマクロレンズの一般的な開放F値2.8よりも、1段明るいF値2を実現。やわらかで大きなボケ味が得られ、マクロ撮影の表現を広げることができる。また、大型のLD(異常低分散)レンズを2枚採用し、色収差をはじめとして諸収差を良好に補正する。

 最大撮影倍率1:1で等倍撮影に対応し、最短撮影距離は23cm。フォーカシングによる全長変化のないインターナル・フォーカス方式を採用し、クラス最長のワーキングディスタンス100mmを実現した。また、フルタイムマニュアル機構を搭載し、オートフォーカス撮影時でもフォーカススイッチを切り替えることなく、マニュアルフォーカスによるピントの調整ができる。

 レンズ構成は10群14枚で、絞り羽根は7枚。フィルター径は55mm。本体サイズは最大径73×全長80mmで、重さ390g。

タムロン=http://www.tamron.co.jp/

-PR-企画特集