logo

アップル「Safari 4」、3日間で1100万回以上ダウンロードされる

文:Jim Dalrymple(Special to CNET News) 翻訳校正:編集部2009年06月15日 10時38分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが米国時間6月12日に明らかにしたところによると、ウェブブラウザ「Safari 4」が、リリース後の最初の3日間で1100万回以上ダウンロードされたという。

 またそのうちの600万回以上が、Windowsユーザーによるダウンロードだった。

 2月にSafari 4のパブリックベータがリリースされて以来、Appleはこれが「Firefox」や「Internet Explorer 8(IE 8)」などの人気ブラウザを凌ぐ世界最速のブラウザであると喧伝した。

 Appleによれば、Safari 4はIE 8とFirefoxよりもHTMLのウェブページを3倍速くロードするという。またNitro JavaScriptエンジンのおかげで、SafariはIE 8よりも8倍、Firefoxよりも4倍高速にJavaScriptを処理するという。

 またオープンソースのブラウザエンジンWebKitをベースにしたSafariは、オフライン技術などのHTML5関連の新機能が取り入れられている。また、Web Standards ProjectのAcid3テストに世界で初めて合格している。

 Safariでは「Top Sites」、履歴を検索できる機能、「Google Suggest」「Full Page Zoom」などによる強化が図られており、これまでより容易にウェブブラウジングできるようになっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

-PR-企画特集