トラフィックゲート、iPhone向けのアドネットワークを開始

岩本有平(編集部)2009年06月15日 15時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アフィリエイトサービスやリスティング広告などを手掛けるトラフィックゲートが、iPhoneおよびiPod touch向けアプリケーションを対象にした広告ネットワーク「TG Ad for iPhone」を提供する。6月15日にはデベロッパー向けにソフトウェア開発キット(SDK)を公開し、7月にも広告の配信を開始する。

「TG Ad for iPhone」の導入イメージ 「TG Ad for iPhone」の導入イメージ

 TG Ad for iPhoneはiPhoneおよびiPod touchのアプリケーション内に、トラフィックゲートのシステムを使って広告を配信するというもの。開始時点では、広告主やデベロッパーを国内に限定。課金についてはインプレッション課金としているが、将来的にはクリック課金やアフィリエイトなども検討する。

 配信する広告は、GIF形式で縦60ピクセル×横320ピクセルのバナーのみ。バナーのレイアウトや表示タイミング(アプリの特定の画面にのみ表示するなど)は自由に設定できる。バナークリック時にはSafariもしくはアプリ内ブラウザで広告ページに誘導する。トラフィックゲートでは、広告主のニーズに合わせて、広告ページの作成までを手掛ける。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加