ソニー、Life-Xで「FIFAコンフェデレーションズカップ2009現地レポート」を開始

坂本純子(編集部)2009年06月11日 20時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーマーケティングは6月11日、ライフログサービス「Life-X」上で南アフリカで開催される「FIFAコンフェデレーションズカップ2009の現地レポート」を開始した。

 レポートは、6月14日からの大会に先駆け、6月11日から29日13時までの期間限定で提供される。

 Life-Xは、写真や動画、ブログなどのさまざまなデジタルコンテンツをインターネット上で一元管理でき、家族や友人らとコンテンツを共有して楽しめる無料のサービスだ。

 コンテンツを閲覧できるハードウェアは、PC、携帯電話、液晶テレビ<ブラビア>、PLAYSTATION 3、プレイステーション・ポータブル(PSP)と多岐にわたる。

 今回は、海外サッカー週刊誌「footballista」やサッカー専門新聞「EL GOLAZO」、南アフリカ観光局らとタイアップし、試合中の対戦状況や大会舞台裏の活動から南アフリカの街並み、名産・観光地といった地域最新情報までをレポートするとしている。

 取材機材には、グローバルで使用できるCyber-shotケータイ「S001」やCyber-shot「DSC-HX1」を起用し、ソニー製品をアピールする。

 ソニーはオフィシャルFIFAパートナーとして2007年から2014年まで8年間に渡って活動する。オフィシャルFIFAパートナーだからこそ入れる場所を取材するなど強みを活かし、サッカーの支援活動を推し進めるとともに、Life-Xの楽しさを広めたいとしている。

「FIFAコンフェデレーションズカップ2009現地レポート」概念図(クリックすると拡大します) 「FIFAコンフェデレーションズカップ2009現地レポート」概念図(クリックすると拡大します)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加