オンキヨー、SOTECミニノートに次世代通信技術「WiMAX」対応モデルを拡充

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オンキヨーは6月8日、SOTECブランドで展開中のミニノートPC「SOTEC C204 シリーズ」のラインアップを拡充し、モバイルWiMAXに対応した店頭販売専用モデル「SOTEC C204A5」と、Office Personal 2007を搭載した「SOTEC C204A5B」の2モデルを発表した。

 7月より販売を開始する。価格はオープンだが、市場想定価格はSOTEC C204A5が5万9800円、SOTEC C204A5Bが7万9800円となる。

 SOTEC C204A5およびSOTEC C204A5Bは、10型ワイド液晶を搭載し、最厚部の薄さが23mm、重量約960gを実現したミニノートPC 「SOTEC C204シリーズ」に、インテルWiMAX/WiFi Link 5150を搭載したモデル。同社によると、10.1型ワイド液晶を搭載したミニノートPC では最薄・最軽量になるという。

 薄型・軽量化に寄与するリチウムイオンポリマー電池を搭載したバッテリパックやSSDを採用。OSにはMicrosoft Windows XP Home Edition(SP3)、CPUにインテル Atom プロセッサ N270を搭載した。

 限定されたエリアで利用される無線LANに加えて、世界標準規格であるモバイルWiMAXに対応し、外出先や移動中も高速インターネットを利用できる。

 なお、SOTECダイレクト専用モデル「SOTEC DC204」についても、同日よりインテルWiMAX/WiFi Link 5150 のBTO選択が、プラス1万円で可能となる。

「SOTEC C204A5」 「SOTEC C204A5」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加