logo

ビクターから薄さ6.4mmの液晶テレビ--デジタルサイネージ用として

加納恵(編集部)2009年06月08日 12時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ビクターは6月8日、薄さ6.4mm、重量5.7kgの32V型フルHD液晶テレビ「GD-32X1」を発表した。デジタルサイネージなど業務用途に活用していくという。発売は8月下旬から。価格はオープンだが、参考価格は23万円前後としている。

 GD-32X1は、1月に技術開発を発表した次世代薄型液晶ディスプレイを製品化したもの。オリジナル液晶パネルとエッジライト型LEDバックライトシステムの採用により、薄型・軽量を実現したという。

 独自の高画質エンジン「GENNESAプレミアム」の搭載やsRGB100%、Adobe RGBカバー率90%の広色度域の実現など、動画、静止画ともに高画質再生を追求しているとのことだ。

 業務用として、デジタルサイネージ用、Proデジタル1眼レフ写真用など、業務用仕様の6つの画質モードを搭載。HDMIとアナログRGB端子の両方を装備する。

 日本ビクターでは、薄型軽量を生かして壁掛け、天吊りなど、液晶ディスプレイの新しいスタイルを提案し、商業店舗、アミューズメント施設、監視、医療参照、放送局などへの導入を見込んでいるという。

 なおGD-32X1は、6月10日から12日まで、千葉の幕張メッセで開催される「デジタルサイネージジャパン(DSJ)2009」で展示される。

GD-32X1 「GD-32X1」

-PR-企画特集