サイバーフロント、好みの音楽を自動録音できるインターネットラジオ録音ソフトなど

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイバーフロントは、インターネットラジオ録音ソフト「Radiotracker5(ラジオトラッカー 5)」と、音楽・ビデオ変換ソフト「Tunebite6(チューンバイト6)」を、7月3日に発売すると発表した。価格は「Radiotracker5」が4725円、「Tunebite6」が5775円。対応OSはいずれもWindows Vista/XP。

 「Radiotracker5」は、世界に2万局以上ある「インターネットラジオステーション」の番組から、好みのジャンル・アーティストなどを探し、音楽部分のみを抽出してMP3形式で保存できるソフト。あらかじめ登録してある77種類の音楽ジャンルの中から、好きなジャンルを選択しておくと、インターネットラジオ上からあてはまるものを自動で保存してくれる。

 また、アーティスト名や曲名をデータベースから選択して「リクエスト」でき、該当する曲がオンエアされると、自動録音することも可能。音楽の録音が完了した後は、その音楽が収録されているアルバムのカバー画像や歌詞データを自動で検索し、見つかった場合はMP3ファイルのタグに埋め込むことができる。

 一方「Tunebite6」はコピープロテクトされた音楽・ビデオデータを、プロテクトを解除した形式に変換するソフト。新製品では、新たにコピープロテクトされていない音楽・ビデオファイルへの対応形式を拡充している。

 対応するオーディオ入力はWMA、M4P/M4B、MP3/MP2、WMA Pro、OGG(Vorbis)、AAC Mpeg-4、WAVなど11形式で、ビデオ入力はWMV(DRM コピープロテクト)、M4V(DRM コピープロテクト)、WMV(wmv7/wmv9)、M4V MP4(Mpeg4)、AVI、XVID DIVX 3ivxなど11形式。なお、同社では「Tunebite」で作成したデータの使用は個人利用目的に限るとしている。

サイバーフロント=http://www.cyberfront.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加