logo

ピクセラ、カードサイズの地デジ基板を7月から出荷、小型端末向けに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ピクセラ(藤岡浩代表取締役)は6月1日、小型テレビなどの端末向けに、カードサイズの法人向け地上デジタル放送受信モジュール「PIX-XT041-ZZ0」を製品化し、7月に出荷すると発表した。

 サイズが84.0×55.0mmと超小型で、B-CASカードとほぼ同等の大きさ。従来機約の3分の1、3.5Wの低消費電力を実現したほか、基板の小型化でコストダウンを図った。字幕表示や電子番組表(EPG)、緊急警報放送には対応するが、データ放送と双方向サービスは非対応。

 ポータブルテレビやデジタルフォトフレームのほか、ポータブルDVDプレーヤー、20V型前後の小型テレビへの導入を見込む。

ピクセラ=http://www.pixela.co.jp/

-PR-企画特集