アップル、「iTunes 8.2」と「QuickTime 7.6.2」をリリース

文:Seth Rosenblatt(CNET News) 翻訳校正:編集部2009年06月02日 10時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間6月1日、近々リリース予定である「iPhone」ファームウェアのバージョン3.0へのアップグレードに対応するため「iTunes」をアップデートした。同社はまた、ビデオプレーヤー「QuickTime」に対するアップデートもリリースした。

 「iTunes 8.2」にはWindows版とMac版が用意されており、先ごろiPhone開発者限定で公開されていたiTunesのプレリリース版に加えた変更点を一般に適用することで、iPhoneと「iPod touch」向けOSアップグレードに備えることとなる。1件のセキュリティフィックスも含まれている。

 「QuickTime 7.6.2」にもWindows版とMac版が用意されており、悪意を持って作成されたPSDやJP2などの動画ファイルによって任意のコード実行に利用される恐れのあるセキュリティホールへの修正など、複数のセキュリティ修正が含まれている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加