logo

「プロ」として自覚を持って仕事をする--「NHK『トップランナー』仕事がもっと面白くなる『プロ論』30」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
三笠書房
NHK『トップランナー』制作班
詳細:文庫 / 242ページ / 三笠書房 / 価格:¥ 600 / 著者:NHKトップランナー制作班 / 発売日:2009/04/20 / 外形寸法 (H×W×D):15.0cm × 10.6cm × 1.6cm / 重量:0.3 kg
内容:NHKの番組「トップランナー」で放送された内容をまとめた本書。俳優、漫画家、写真家など、あらゆる職業の30人がプロの仕事「プロ論」について語る。

 「本当のプロ」としての気概を持つ人たちの言葉に、頭をガツンとやられた気分だ。NHKで放送されている番組「トップランナー」で放送された内容を、「プロ論」というくくりでまとめた本である。

 いわゆる「おいしい所」だけをまとめた本だが、侮れない。番組を見ていなくても、彼らの言葉の数々が胸に重く響くのは、さまざまな分野のトップレベルで活躍している人たちが、困難を乗り越えて成長してきた末に語られた言葉だからだ。

 自分に自信が持てない、思うように結果が出せない、そのようなスランプのときでもあきらめず、自分が今できることを集中してやり続けたことで、道が開けた。この何かをやり続けるパワーと集中力は、いったいどこからわき出すのか。それは、その仕事が「好き」という気持ちと、「プロだから」という気持ちからだ。

 対価をもらって何かをすれば、それは「プロ」と言えるかもしれないが、本当に「プロ」としての自覚を持って仕事をしている人は強い。逆境のときでも、自己に打ち克てる力を持っている。

 本書には、30人のトップランナーたちの言葉が収められている。始めから順番に読むのもいいが、パッと開いて、気になる人の言葉を読めば、そのときの自分に必要なヒントがつかめるだろう。

-PR-企画特集