NTTドコモら、スマートフォンと基幹業務システムが連動した「モバイルSE支援システム」を開発

松田真理(マイカ)2009年05月29日 18時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コムシス情報システム、SAPジャパン、NTTドコモの3社は6月1日より、コムシス情報システムの基幹システムである「SAP ERP」とNTTドコモのスマートフォンを連動させた「モバイルSE支援システム」を共同開発した。コムシス情報システムの社内システムとして運用を開始する。

 モバイルSE支援システムは、SAP ERPのモバイル環境における利用を目的に開発された。営業、施工、発注などの各種業務やメール、スケジューラー登録、社内SNSなどの機能がNTTドコモのスマートフォンから利用可能だ。また仮想PC型シンクライアントシステム(VPCC)によって、PC画面での操作がスマートフォン上からもできるという。

 各社の役割は、コムシス情報システムがモバイルSE支援システムの開発と導入、SAPジャパンがSAP ERPの製品支援、NTTドコモがスマートフォンの選定、検証支援となっている。今後3社は、モバイルSE支援システムの開発で得たノウハウによって、SAP ERPを基盤とした法人向けソリューションの展開について検討するとのことだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加