logo

イイ音イヤホンを探せ! チョイ高モデル5機種を聴き比べ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 毎日音楽を楽しむのに欠かせないのがイヤホン。中でも、イヤーパッドを耳の穴に押し込む「カナル型」は人気がある。手持ちの携帯オーディオを買い替えなくても、ちょっと背伸びをして高級イヤホンを購入すれば、音質や装着感はずっとよくなる。そこで、市場推定価格が1万円前後の5機種を選び、実際に試聴してそれぞれの特徴を比較した。

●1万円前後のカナル型イヤホン、5機種の顔ぶれは?

 今回レビューで使ったのは、09年4月のカナル型イヤホンの販売台数ランキングで上位に入っていた製品で、ノイズキャンセリングなどの付加機能を搭載しないモデル。ボーズの「BOSE-IE-S」、日本ビクターの「HP-FX500」、オーディオテクニカの「ATH-CKM90」、ソニーの「MDR-EX500SL」の4機種に、6月12日発売予定のShureの新製品「SE115」を加え、計5機種を試した。

 各モデルの音質を比べるため、「クラシック」「ジャズ」「J-POP」3種類の音楽をそれぞれ聴いた。試聴した楽曲は、クラシックがドビュッシーの「管弦楽のための映像 第2曲:イベリア 街の道や抜け道を通って」、ジャズが上原ひろみの「Double Personality」、J-POPが大橋卓弥(スキマスイッチ)の「はじまりの歌<additional ver.>」の3つ。携帯オーディオは第4世代iPod nanoを使用した。それではさっそく、それぞれのモデルの実力を見てみよう。

【写真と記事詳細はこちら】

-PR-企画特集