グーグル:「ブラウザこそがコンピュータだ」--Google I/O 2009カンファレンス開催

文:Tom Krazit(CNET News) 翻訳校正:編集部2009年05月28日 13時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE サンフランシスコ発--Googleは米国時間5月27日午前、次世代のウェブテクノロジについて開発者らの関心を惹きつけるべく、ウェブアプリケーションが将来的に、いかにデスクトップアプリケーションに近付いていくかということを示してみせた。

 Googleの最高経営責任者(CEO)であるEric Schmidt氏は、サンフランシスコで開催されている「Google I/O 2009」カンファレンスの冒頭で、「今こそ、われわれの目の前に広がっている素晴らしいチャンスをものにする時である」と語った。Schmidt氏はここで、未来のアプリケーション開発の基盤がコンピュータのOSではなく、インターネットとブラウザになるという確信が強くなってきていることについて述べている。

 とは言うものの、業界はまだその段階に到達していない。約4000人の開発者を前にデモンストレーションされたアプリケーションの多くは、「HTML 5」テクノロジの幅広い普及を必要としているものの、この規格はまだ、企業や組織で構成されるコンソーシアムによって策定中の段階なのである。

Eric Schmidt氏
提供:James Martin/CNET

 それでも、Googleのエンジニアリング担当バイスプレジデントであるVic Gundotra氏によると、オープン標準を採用している現代的な4つのブラウザ(Firefox、Safari、Chrome、Opera)はいずれも、HTML 5テクノロジのうち、規格が確定したものから順次採用を進めることで、これら4つのブラウザに比べて標準化が遅れているMicrosoftのInternet Explorer(IE)に差を付けようとしているという。

 しかし、Gundotra氏は基調講演の後、HTML 5を推進していく作業は一筋縄ではいかないと指摘し、その理由がMicrosoftとの競合にあるのではなく、数多くの大企業がIEを使っており、IE向けに開発された企業アプリケーションが他のブラウザで稼働しない可能性があることにあると述べた。同氏は「HTML 5の策定が完了し、ブラウザがそれに準拠するようになれば、Webの進化に対して大きな影響を与えることになるだろう」と述べている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加