エプソンとキヤノンが製品の共同配送を開始、CO2削減へ

加納恵(編集部)2009年05月28日 12時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エプソン販売とキヤノンマーケティングジャパンは5月27日、販売店向け配送業務を共同で実施すると発表した。これにより、CO2排出量を削減し、物流業務の効率化を目指すという。6月に北海道・札幌地区からスタートし、東北、首都圏、中部、九州と段階的に拡大する予定だ。

 両社では、現在首都圏と各主要都市でそれぞれの物流センターを構えているが、家庭用プリンタなど家電量販店向けの配送については、同じ配送先、配送条件であることから共同配送を検討してきたとのこと。今回、両社が利用している物流会社である日本通運の配送網と情報セキュリティシステムを活用することで、共同配送が実現した。

 共同配送を実施することで、両社合計で配送業務の年間CO2排出量が、現在に比べ約26%削減できるとのことだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加