アップル、ローエンド向けのホワイト「MacBook」をアップデート

文:Jim Dalrymple(CNET News) 翻訳校正:編集部2009年05月28日 10時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間5月27日、同社コンシューマー向けローエンドノートブックをアップデートした。より高速なプロセッサとより大容量なハードドライブが搭載される。

 新しいホワイトの13インチ「MacBook」には今後、これまでの2GHzプロセッサよりも若干高速な2.13GHzの「Intel Core 2 Duo」プロセッサが搭載される。ハードドライブは今回のアップグレードで、120Gバイトから160Gバイトへと増強される。

 メモリはこれまでと同様、2GバイトのDDR2。100ドルで4Gバイトまで拡張することができる。グラフィックスカードは変更されず、「NVIDIA GeForce 9400M」が搭載されている。

 こうしたアップグレード後も、価格はこれまで通りの999ドルを維持している。

 今回の変更により、ローエンド向けのホワイトMacBookはユニボディを採用したアルミニウムMacBookにスペックが近づいた。しかし、ユニボディMacBookには、ハードドライブをソリッドステートドライブにアップグレードしたり、より高速なDDR3メモリを使用していたりといった有利な点が依然としてある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加